【11/30(月)17時必着】国立大学法人和歌山大学特任職員の公募のお知らせ

2020年9月25日


国立大学法人和歌山大学特任職員の公募のお知らせ

和歌山大学では、国立大学法人を取り巻く環境が急激に変化する中、多様化?高度化する諸問題に対応するため、高度で専門的な知識と経験、優れた識見を有する人材を事務職員(専門的スタッフ)として登用する特任職員制度を設けております。
このたび、本学産学連携イノベーションセンターにおいて下記のとおり特任職員を募集しますので、お知らせします。

職種: URA(ユニバーシティ?リサーチ?アドミニストレータ)
研究?社会連携課特任専門員(副課長級)または特任専門職員(係長級)として、産学連携イノベーションセンターの業務に従事します。
募集人員: 1名
勤務場所: 和歌山大学産学連携イノベーションセンター(和歌山市栄谷930)
職務内容: 和歌山大学の研究力強化にむけた戦略立案と実行を担う研究?経営マネジメントの専門家として、大学研究戦略の立案、研究プロジェクトの企画?推進など、以下の複数の業務に従事して頂く予定です。
  1. 複数研究者による科研費および外部資金の獲得計画の立案
  2. 他大学、行政組織、産業界との連携活動
  3. 研究者の特許等産業財産権の取得支援とその運用計画の立案
  4. 企業との共同研究講座等の立案、運営
  5. 起業者育成(アントレプレナーシップ)関連活動の運営
応募要件: 以下の要件を全て満たすこととします。
  1. 上記の職務内容に関する実務経験を有する者(TLOなどでの産学連携、特許に関する実務経験を有する者が望ましい。)
  2. 業務遂行に必要な文書作成能力、交渉能力およびプレゼンテーション能力を有する者
  3. 学内教職員および学外関係先とのコミュニケーション力を有し、協力関係の形成や調整を行って円滑に業務を遂行できる者
  4. 日本語で業務ができる者(加えて、英語による簡単なコミュニケーション能力を有する者が望ましい。)
  5. 学士以上の学位を有する者(博士の学位を有する者が望ましい。)
雇用期間: 令和3年4月1日(予定)~令和4年3月31日
※採用から6か月間は試用期間とします。
※契約期間終了後、業務量、勤務成績、予算の都合等により更新する場合があります。
ただし、契約を更新する場合においても、最長で令和8年3月31日までを限度とします。
勤務形態: 勤務日数:週5日
勤務時間:1日7時間45分勤務(8:30~17:15(休憩12:00~13:00))
休日:土、日、国民の祝日、年末年始(12/29~1/3)
※休暇等については、教職員勤務時間及び休暇等規程を準用します。
給与: 年俸324万円~552万円(月額27万円~46万円)を基本とします。(基本年俸は、特任教職員給与規程に基づき、経歴等に応じて決定します。)
通勤手当、超過勤務手当、休日手当 (※退職手当は、不支給)
福利厚生: 共済保険(健康保険)、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
応募書類:
  • 履歴書(写真貼付)
    ※連絡の取れる電話番号(携帯電話)?電子メールアドレスを記載してください。
  • 職務経歴書(様式は任意)
  • 小論文(ワープロ可)
    【課題】
    「地方国立大学における産学連携のあり方とURAの役割」
    ※採用後の具体的抱負も含め、A4用紙1枚程度で、簡潔に述べてください。
書類提出先: 〒640-8510 和歌山市栄谷930番地 和歌山大学研究?社会連携課研究支援係 宛
[封筒の表に「特任職員(産学連携イノベーションセンター)公募関係書類在中」と朱書し、簡易書留郵便で郵送してください。]
募集締切: 令和2年11月30日(月)17:00必着
選考方法: 書類選考による第1次選考を行い、第1次選考合格者に対して、第2次選考の日時をご連絡します。なお、第2次選考は面接を行います。(12月の中旬を目処とします。)
本件に関する問い合わせ先:
 
  • 応募、業務に関する問い合わせ先
    研究?社会連携課研究支援係 電話:073-457-7577
  • 労働条件等に関する問い合わせ先
    総務課人事係 電話:073-457-7011
その他: 面接にかかる旅費は応募者負担となりますので、予めご承知ください。
応募した書類は返却いたしません。(個人情報は、採用事務のみに使用いたします)
採用結果の内容については、開示しません。
和歌山大学は男女共同参画を推進しており、女性の応募を歓迎します。